カテゴリ:時節( 46 )

1日遅れました... - 10/09は太陽暦採用記念日 -

昨日は「太陽暦採用記念日」ということで、明治 5年に「太陰太陽暦」から「太陽暦」に改めると発表した日だそうです。

▲明治6年(1873)太陽暦(国立国会図書館蔵)
明治5年の暦は、発布から実施までが短すぎて、行き渡らなかったとか。

いわゆる「旧暦」は、純粋な「太陰暦」ではないんですね。『太陰太陽暦』と云って「太陰暦を基にしつつも、閏月を挿入して実際の季節とのずれを補正した暦」だそうです。約3年に1度、月の運行と季節≒太陽の運行とのずれを補正するために、閏月が設けられていました。
そして、その閏月を算出する目安が二十四節気だったんですね。知らなかった。(^^;

このような暦の計算を、江戸時代は幕府天文方が担当しておりました。何度か改暦しているのですが、その中の寛政暦(1797完成・1798改暦)の作成担当だったのが「高橋至時」でした。このころは中国を通じてケプラーの法則も伝わっていたようで、高度な計算が行われていたようです。
#「高度な」≒「自分の理解を超えている」ですが...

この高橋至時を師事したのが伊能忠敬です。

というわけで、一葉と酉の市 - 日銀、新しいお札を発行 20年ぶり図柄刷新 - 04/11/02のときに文末で宿題になっていた『「伊能忠敬墓」・「高橋至時墓」』にたどり着きました。

伊能忠敬が遺言で師・高橋至時の墓のそばにと遺したため、このように台東区東上野・源空寺に葬られてているそうです。
b0034669_17171276.jpg

(1/25,000 東京首部)

[PR]
by senokoba | 2004-11-10 17:14 | 時節

黄金色の季節まであと何歩? - 04/11/10 神宮外苑 -

神宮外苑いちょう並木 04/11/10 7:30 現在▼
b0034669_1046146.jpg

まだ三分程度でしょうか。

『平成16年 第8回 神宮外苑いちょう祭り』は今週末(11/13(土)~28(日))からなのですが、今週末はまだちょっと早いかなぁって感じです。11/20-23辺りの飛び石連休頃が見頃かもしれません。
(当社勘)

紅葉の色づき情報 東京都 神宮外苑

神宮外苑銀杏並木紅葉情報


b0034669_1054396.jpg
(1/25,000 東京西部)

神宮外苑いちょう並木、通りかかりましたら、また紅葉画像掲載させていただきます。

ところで、「銀杏」って「いちょう」とも「ぎんなん」とも読むんですよね。文章中に「銀杏」ってあると、どっちの意味か、一瞬で分からないときありません?(^^;


#『東京首部』からはかろうじて離脱...
[PR]
by senokoba | 2004-11-10 11:02 | 時節

線路における時間と空間の一断面 ~車窓から入る朝日で知る季節の変わり目~

車窓から入る朝日で知る季節の変わり目 | Excite エキサイト

「武蔵野をほぼ東西に走る」電車というと、自分にとっては中央線なんです。
子供の頃に、「中央線の直線区間は日本一長い」って母から教わって、そうなんだぁっと思いながら、東中野のホームから、西を見ていたことを思い出しました。
地図上で見る限り、「立川」~「東中野」間がほぼ直線に見えます。
#きっと線路も坂道も大好きなタモリ氏はさぞお詳しいことだろうと思います。

b0034669_15573915.jpg
(1/25,000 立川)

[立川] =□■□■□■□■□■□■□■□= [東中野]


b0034669_15581797.jpg
(1/25,000 東京西部)


しかし前述の「日本一長い直線区間」は、本当は北海道にあるそうで、室蘭本線の「白老」~「沼ノ端」間が、29km弱にわたって直線とのこと。

b0034669_1605124.jpg
(1/25,000 ウトナイ湖)

[白老] =□■□■□■□■□■□■□■□= [沼ノ端]


b0034669_161856.jpg
(1/25,000 白老)

今となっては母が間違っていたのか、自分の記憶が途中で書き換えられたのか知る由も無いのですが、やはり個人の記憶なんてあてにならないものだなぁっと、過去を振り返る懐かしさとともに、一人肯んじておりました。(^_^)

さて、空気も徐々に澄んできたこの季節、電車に乗っていると、武蔵の国辺りではビルとビルの隙間や甍の波の向こうに、雪を頂いた富士山が見える季節になってきましたね。
以前にここで、山頂測候所の無人化に伴い富士山の初雪はもうわからなくなったと書いたのですが、
『富士山に初冠雪=平年より20日遅い』Excite エキサイト : 主要ニュース
っと、初冠雪は甲府地方気象台より発表されるんですね。
北海道の蝦夷富士・羊蹄山でも初冠雪だそうで、これからは冬の便りを味わいたく思います。
( ^.^)旦~フゥ…
b0034669_17122416.jpg

(1/25,000 羊蹄山)
[PR]
by senokoba | 2004-10-22 16:06 | 時節

秋の夕日に照る山紅葉~♪

紅葉ニュースを2題ほど。

『知床の紅葉が見頃 色づき例年並み、今週末までがピーク』 04/10/16 朝日新聞

b0034669_23485319.jpg




『“燃える秋” 奥日光、中禅寺湖など今見ごろ』 04/10/16 読売新聞

b0034669_23582261.jpg


今年は夏が暑かったですが、紅葉はどうなんでしょう?

自分の中の原風景の紅葉ってありません?
自分自身は、大学時代に刷り込まれたここの紅葉が、心に刷り込まれています。
また見に行きたいとは思っているんですが、なにせ渋滞が嫌いで、紅葉渋滞なんてもってのほかでして....(^^;
[PR]
by senokoba | 2004-10-18 08:40 | 時節

富士山の初雪は、もうわからない... ~富士山が雪化粧~

富士山測候所72年の有人観測に幕

▲これにより観測が自動化されたために、
「今日が富士山の初雪です。昨年よりも●日早い(or遅い)です。」
という、「富士山の初雪」のニュースはもう流れなくなってしまったんですね。
富士山が雪化粧 8合目「富士山ホテル」でも降雪確認 (2004/10/08 朝日新聞)

このニュースも、8合目(この8合目は、吉田口登山道)の山小屋「富士山ホテル」からや麓の富士吉田市などからの視認によってます。
「降水」は自動化できても、「雪」or「雨」の判断は自動化できていないんですね。
そんなところに自動化=無人化の影響があるとは思っていませんでした。

毎年の風物詩としてだけではなく、定点観測の統計的な指標も失われてしまったことが、仕方ないとしても、もの寂しいです....
[PR]
by senokoba | 2004-10-12 11:16 | 時節

「月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月」  詠み人知らず

中秋の名月」って、旧暦の8月15日の月のことで、必ずしも満月とは限らないらしい。

自分は帰宅途中の雲間から見るにとどまったので、各紙の名月報道で月見っと。
b0034669_13372541.jpg

『中秋の名月、ライトアップの灯台で楽しむ 北海道恵山岬』 04/09/29 朝日新聞 @北海道恵山岬灯台


b0034669_13385610.jpg

『中秋の夜に「天平」の思いはせる…奈良・采女祭
』 04/09/28 読売新聞
 @奈良市猿沢池(月の画像は無し)


毎日・産経・日経には見あたらず。各地で雲が厚かったせいかな?

余談ですが、以前から月はって自分にとってのヒーリングアイテムだなぁっと思ってます。
月明かりはなんだか和むんです。似合いませんネ。(^^;
#月を見ても、だんだん毛深くなったり、牙が栄えたりはしません。
##毛深くなっても、豚がイノシシになるだけかも....

[PR]
by senokoba | 2004-09-29 09:43 | 時節